2008年09月 - クロス円の他でも「FX取引」をモッと↑楽しむ為替ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★米金融安定化策決議の行方★

■今日にでも結果は出るか?米金融安定化策決議の行方

明日早朝の日本時間の04:55分に、「 ブッシュ米大統領と議会指導部が金融安定化策に関しての協議」が予定されています。
それ以前に、今夜23時に米金融安定化策合意予定との報道もあります。

早い段階で合意されれば、今の方向性を見失っている混乱した市場にとっては、少しは落ち着きを取り戻すことかと思います。
しかし、たとえ合意に至っても「金融不安」が完全に払拭されるわけでもなく、たかだか法案ひとつが決まった段階だけでは、市場のセンチメントが改善されるには時間がかかると思います。

今日の日本時間の市場では、米ドル円105.47まで下落・EUR/USD(ユーロ・ドル)1.4767まで上値を伸ばしました。相変わらず、米ドルが弱含みです。

欧州時間に入り、米ドルは徐々に戻してきていますが、先の「米金融安定化策決議」に期待上げ、といったところかも知れませんね。

今夜の見通しですが、米ドル円は今夜106.35を抜けることが出来るかどうかは微妙ですが、私自身は突破する可能性は案外あるのではないか、と思っています。

★今夜の指標発表予定★
21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想44.8万件)
21:30 米・8月耐久財受注(予想-1.6%)
23:00 米・8月新築住宅販売件数(予想51万戸)
23:40 シカゴ連銀とECB共催の会議でエバンス米シカゴ連銀総裁が講演
日本時間(9/26)04:55 ブッシュ米大統領と議会指導部が金融安定化策に関して協議


★☆★☆★☆【FXプライム】が先週JASDAQに上場★☆★☆★☆
去る2008年9月18日、伊藤忠グループのFXプライムがついにJASDAQに上場を果たしました。
マーケット中、落ちることが殆ど無いといってもいいサーバーや、雇用統計時などの集中時にも広がる事のないスプレッドを実現する堅牢なシステムが、個人投資家に好評のようです。
みなさんも最近良く聞くFX取引会社だと思います。私個人もお気に入りのFX会社です。
『選べる外貨』誕生!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!
スポンサーサイト

■【管理人みかん独断】今夜の注目の通貨ペア■

■【管理人みかん独断】今夜の注目の通貨ペア■

今回は、私が個人的にクロス円以外で注目したい通貨ペアを「きまぐれ的に」綴ってみたいと思います。
私の独断判断ですので、勿論、最終的なご判断はお任せいたします(笑)

私は、今夜はEUR/GBP(ユーロ・ポンド)に注目しています。
直近では9/19の0.7848辺りを底値にして、緩やかですが上昇傾向(ユーロ高ポンド安)が続いています。

作戦としては、0.7950-60辺りを数日のリミット目標にしてEUR(ユーロ)買いGBP(ポンド)売りのポジションを立ててみようかと持っています。
エントリーどころは0.7900-05辺りで・・・。
勿論、ストップは置きます。9/19の安値割れ(0.7848)辺りに設定です。
EUR/GBP(ユーロ・ポンド)は対ポンドレートですので、同じPIPS数の動きでも円換算で通常の約2倍ですので注意は必要ですけどね。(ポンド円の値*PIPS数の為)

ちなみに、EUR/GBP(ユーロ・ポンド)のスワップは、EUR買いのポジションでマイナス、EUR売りのポジションでプラスです。(2008年9月24日現在)

通常は50-60PIPSの値動きをする通貨ペアですが、上記の理由で実質、クロス円換算では100~120PIPS分の値動き、ということになります。



★☆★☆★☆【FXプライム】が先週JASDAQに上場★☆★☆★☆
去る2008年9月18日、伊藤忠グループのFXプライムがついにJASDAQに上場を果たしました。
マーケット中、落ちることが殆ど無いといってもいいサーバーや、雇用統計時などの集中時にも広がる事のないスプレッドを実現する堅牢なシステムが、個人投資家に好評のようです。
みなさんも最近良く聞くFX取引会社だと思います。私個人もお気に入りのFX会社です。
『選べる外貨』誕生!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!



★ドル、一進一退★

■米ドルは主要通貨全般に対して一進一退。

米ドルは方向感の定まらない取引が続いています。
日中は円に対しては、若干強含みで推移しましたが、買いが続くわけでもなく、ひとまずは106円10銭程度で取引されています。

円以外の主要通貨に対しては弱い状態が継続中の為に、今夜もドル円の上値はかなり重そうです。
しかし、徐々にドル高へ回復の兆しも見えるように感じます。

ドル円の今夜の上値見通しは、106円半ばでNY市場を引ければ充分だと思っています。



★☆★☆★☆【FXプライム】が先週JASDAQに上場★☆★☆★☆
去る2008年9月18日、伊藤忠グループのFXプライムがついにJASDAQに上場を果たしました。
マーケット中、落ちることが殆ど無いといってもいいサーバーや、雇用統計時などの集中時にも広がる事のないスプレッドを実現する堅牢なシステムが、個人投資家に好評のようです。
みなさんも最近良く聞くFX取引会社だと思います。私個人もお気に入りのFX会社です。
『選べる外貨』誕生!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!

★昨夜のNY原油は、一日の上昇幅の過去最大を記録★

■昨夜のNY原油の上昇は、一日の上昇幅としては01年1月以来

昨夜のNY市場では原油先物が大きく買われ、実に7年半振りとなる上昇幅を記録しました。
その影響でユーロ、ポンド、豪ドルがドルに対して大きく買われて連日続伸しています。

そして、昨日特に強さを発揮したのがCHF(スイスフラン)です。
円に対しては勿論、豪ドル、ユーロ、そして米ドルなど主要通貨に対して大幅に上伸しました。

市場が金融不安で疑心暗鬼な状態なので、安全通貨であるスイスフランが大きく買われる結果となっています。(正直、ここまで昨日一日でスイスフランが上伸するとは以外でした。)

今日は日本市場はお休みです。
日本が祝日のときはクロス円は下げる(円高になる)ことが多い」と言われがちですが、果たして今日はどうなるでしょうか。

米ドルは今日も、今のところは引き続き弱含みの展開が続いていますが、欧州勢参入までは動意に乏しい展開が続くことだと思います。

★今日の指標発表予定★
・15:45(フランス) 8月消費者支出 [前月比]  (前回-0.4%、予想-0.1%
・18:00(南アフリカ) 7月実質小売売上高 [前年比]( 前回 2.6%、予想-2.5%
・18:30(南アフリカ) 8月消費者物価指数 [前年比]  (前回+13.4%、予想+13.6%
・18:30(南アフリカ) 8月CPIX・コア消費者物価指数 [前年比] (前回 +13.0%、予想+13.3%
・20:00(カナダ) 8月消費者物価指数 [前月比]  (前回+0.3%、予想-0.2%
・20:00(カナダ) 8月消費者物価指数 [前年比]  (前回+3.4%、予想+3.5%
・23:00(アメリカ) 9月リッチモンド連銀製造業指数  (前回-16、予想-12
・23:00(アメリカ) 7月住宅価格指数 [前月比]  (前回±0.0%、予想-0.2%


★☆★☆★☆【FXプライム】が先週JASDAQに上場★☆★☆★☆
去る2008年9月18日、伊藤忠グループのFXプライムがついにJASDAQに上場を果たしました。
マーケット中、落ちることが殆ど無いといってもいいサーバーや、雇用統計時などの集中時にも広がる事のないスプレッドを実現する堅牢なシステムが、個人投資家に好評のようです。
みなさんも最近良く聞くFX取引会社だと思います。私個人もお気に入りのFX会社です。
『選べる外貨』誕生!


★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!

★今日は方向性に欠ける動きに終始?★

■方向性が定まらない一日。

今日は朝方から方向性が定まらない一日ですね。
全体的に見れば、ドル安傾向ですが、これからのNY時間もこの流れを継続するかどうかは非常に判断しにくいです。
米ドルは、円に対しては若干弱含み・他の主要通貨に対しても円以上の弱含みで推移しています。

今晩は特に重要な指標発表も無いため、株価や原油、金などの相場状況に左右されそうです。
現在のところ、ニューヨークダウ先物は約マイナス100ドル、原油先物は106ドル後半、金先物は880ドル位で推移中です。
先週末辺りから原油と金の価格上昇を受けてユーロや豪ドルが強含みですが、ここから更に上値を伸ばす雰囲気は今のところ感じられません。

先日の記事でも書きましたが、やはりクロス円に関しては「円安トレンドへの反転」と判断するには時期尚早です。早朝こそ「先週金曜日の流れを受けて騰がる?」という場面も一瞬ありましたが、すぐに息切れしてしまいました・・・;

リーマンブラザーズ破綻から始まった「再度の」金融危機(リーマン・ショック)の影響が緩和するのはもう少し時間が必要かと思っています。

ところで、個人的に狙っていた「USD/CHF(ドル・スイス)」のドル買いポジションは、今日はスイスが強含み+米ドルが全般的に弱含みだった為、ポジションを取るのは見送りました。米ドルの巻き返しを判断できるまでおあずけです。



★☆★☆★☆【FXプライム】が先週JASDAQに上場★☆★☆★☆
去る2008年9月18日、伊藤忠グループのFXプライムがついにJASDAQに上場を果たしました。
マーケット中、落ちることが殆ど無いといってもいいサーバーや、雇用統計時などの集中時にも広がる事のないスプレッドを実現する堅牢なシステムが、個人投資家に好評のようです。
みなさんも最近良く聞くFX取引会社だと思います。私個人もお気に入りのFX会社です。
『選べる外貨』誕生!


★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!

■9/22(月)の狙い目通貨ペア

■9/22(月)の「注目したい」通貨ペア

明日の日経は、先物価格から見ても大幅にプラスで始まりそうです。
日経がプラスで推移すると、クロス円にとっても追い風にはなりますが、必ずしも連動するわけではありません。
先週金曜日のクロス円のNY引けがかなり凄まじかったので、安易な追随買いには注意したいところ。

クロス円以外で、月曜日に注目したい通貨ペアのが「USD/CHF(ドル・スイス)」です。

日足チャートでは大きく上髭をつけています。先週金曜日の引け値は1.1040辺りです。
USD CHF 2008_0919
チャート的には「米ドル売り・スイスフラン買い」のモードですが、スイスフランが「円、ユーロ、豪ドル、ポンド」などの他の通貨に対して弱含んでいる為、反転する可能性も大きいと思います。

反転して上伸した場合、最大の目処は1.1270-80辺りと思われます。

月曜日は、諸通貨に対するスイスフランの強弱を見極めた上で、弱含みであれば「米ドル買い・スイスフラン売り」でエントリーするのも面白いかもしれませんね。



★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!

★クロス円下落のトレンドは終了?★

■クロス円の下落は一服か?

先週はクロス円を初めとして、AUD/USD(豪ドル・ドル)、EUR/USD(ユーロ・ドル)、GBP/USD(ポンド・ドル)など、あらゆる通貨ペアが激しく上下した一週間でした。

その中でも今回は、FX取引をしている皆さんが一番多く取引をしていると思われるクロス円通貨ドル円、豪ドル円)の見通しを書いてみたいと思います。

「毎日が雇用統計?」と思うほど、先週は1日1日が激しく上下しましたが、最終的には大きく上に値を・戻して週を引けました。これは何を意味するのでしょうか?

「円」は短期的にはリスク回避時に大きく買われやすい通貨ですが、その傾向が長く続くことは殆どありません。金利差のコストがかかるが故、どうしても最終的には「円売り」に傾いてしまいます。これは過去のデータを見ても明らかです。

更に、日本の個人投資家は殆ど円売りでポジションを構築する傾向があるようです。今回のように急激に下げたときは、スワップ目的の方には豪ドル円など格好の買い場(円売り)となった事でしょう。

さて、色々なFX関係のブログを見てみると、「トレンド反転(円高→円安)の兆し」や「来週はクロス円の巻き返しが始まる」といった「円安派」には嬉しい記事が綴られています。

私の個人的な来週の見通しですが、トレンド転換の判断をするにはまだ材料不足の上、もう少し時間が必要と考えます。
先週、クロス円は大きく上に値を戻して引けていますが、ドル円に関しては「他のクロス円通貨に引っ張られた」という感触です。豪ドル円、NZドル円、ユーロ円、ポンド円等が大きく上値を伸ばした影響は無視できないと思います。
なぜならば、他の対米ドル通貨のペアは、軒並み安値で終了しているからです。
(USD/CHF、GBP/USD、EUR/USD、AUD/USD、NZD/USDなど、米ドルは大きく弱含んで引けてしまっています)

・ドル円は来週も上値が重く、上記で書いたように円以外の通貨ペアで巻き返しが見られない限りは上値も限定的かと思います。(逆に言えば、円以外の通貨ペアで米ドルの巻き返しが始まれば中期的には110円突破も夢ではないでしょう)
・豪ドル円やユーロ円は、先週原油や金等の商品価格が上に戻したことが大きく影響しています。特に金は安全資産への逃避という意味で大きく上に戻しましたが、来週以降も継続するかは材料不足です。豪ドル円は下値85円前半が一旦の目処だと思います。


★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!

★波乱の一週間。今後の見通しは★

■波乱の一週間。ドル円、豪ドル円を始めとしたクロス円通貨の見通しは如何に?

体調を崩して暫く更新できませんでしたが、今週は波乱万丈な一週間となりました。

ドル円、豪ドル円などのクロス円通貨はもとより、ユーロ・ドル、ドル・スイス、豪ドル・ドルなど、ありとあらゆる通貨ペアが激しく上下した週でした。

リーマンブラザーズの報道から始まり、ゴールドマンサックス、AIGなどの証券、保険会社の破綻、合併、救済報道に市場は振り回されてしまい方向を見失っている様相が強く感じられました。

現時点は、ドル円や豪ドル円は週明けに空けてしまった窓を埋めるべく上昇していますが、一旦は窓の下限で跳ね返されています。

もし、欧州・ニューヨーク時間にかけても上昇が続いて、週明けの窓を埋めてしまうならば、「一体、今週はなんだったんだ?」という感もありますが、見通しは依然不透明です。

私はブログで再三、細かな利確を勧めていますが、今週は特に上下の動きが激しかったので、その事を痛感した方も多いのではないでしょうか?

私は体調を崩していましたのでほとんど取引には参加出来ませんでしたが、クロス円・特にドル円は今日、窓を埋めて終わるのかとうかが大きな焦点になりそうです。

◆波乱混じりの週明け◆

■NYダウは500ドル安で引ける。

昨日は「稀に見る」乱高下激しい大相場でした。

私の中ではかなりブラックマンデーに近いものがありますが、今日の日本市場がどういった反応を見せるか注視したいと思います。

昨日1日を通して激しく乱高下しており、ニューヨーク引けにかけては急激にダウは下げ幅を広げ、クロス円通貨はニューヨーク時間前半の戻しを打ち消してしまいました。

日本を含めた本日のアジア市場での影響を見込んで、売られている部分もあるかと思いますので、日中で取引する場合は、安易な追随売りには注意でしょう。

先日の記事でも書きましたが、現実に大荒れな週明けとなってしまいましたね。「リスク管理を怠らない、こまめな利益確定を行う事」が再度問われる週になりそうです。

※携帯からの更新ですのでレイアウトが見にくいと思いますがご容赦下さいm(__)m

■【速報】ダウ先物300ドル近くのマイナス、アジア株も大幅下落★

■今夜は米ドルにとって正念場か

現在、ダウ先物が前日比マイナス300ドル近くで軟調推移しています。
アジア株も軒並み軟調推移しており、これからの欧州、NYタイムは乱降下入り乱れる展開が予想されます。

クロス円通貨もやはり軟調推移しており、欧州時間に下落したとしても果たしてNY時間に戻しはあるのか、というところだと思いますが、通常はアジア時間~欧州時間にかけて下げた(上げた)ものはNY時間には上げる(下げる)パターンが多いです。

問題は、どれくらいクロス円が(メインはほぼドル円ですが;)上に戻すか、です。

ただでさえ明日から決算発表やFOMCなども控えている上、今回のリーマンブラザーズのまさかの救済案破綻は市場を混乱させており、ネガティブな雰囲気が漂っているので戻りは限られる、と思います。ドル円は現時点の安値105.25~高値106.90の61.8%戻し(106.30付近)で今日のNY時間を引ければ充分だと思います。

今夜はドルにとってかなりの正念場の一夜になりそうな気がしてなりません。

私も、細かな利食いを心がけて臨みたいと思います。



★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!


★クロス円は大きく下に窓を開けて始まる。欧州~NY時間はどうなる?★

■クロス円通貨は先週とは一転、下に窓明け。

9/14(日)の記事の文末で、「個人的にはAUD/USDもクロス円も下げて始まるのではないか、と思っています」と書きましたが、現実になってしまいました。

早朝よりクロス円は大きく下げ、7時の取引開始値は、
・ドル円 →105.90
・ユーロ円 →151.40
・豪ドル円 →86.73
・ポンド円 →190.50
といった形で、先週の引け値より2円前後の下げ幅で始まりました。

予定していた「リーマン・ブラザーズ」の救済案がまとまっておらず、発表できなかった事が大きな要因と思われます。(破産法適用の申請をする可能性有との事)

現時点(11:00)では、朝方にメリルリンチの救済案として「米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が、総額440億ドルで買収することを決定した」と報道されている事もあり、クロス円は多少持ち直して推移しています。

AUD/USD(豪ドル・ドル)EUR/USD(ユーロ・ドル)、GBP/USD(ポンド・ドル)USD/CHF(ドル・スイス)といった、ドルストレートの通貨ペアはクロス円通貨とは対照的に、(ドルに対して)先週引け値から少し下か、もしくは上に窓を開けて開始しています。

今週のようにクロス円が全体的に下げて始まる(若しくはその逆)場合、クロス円以外の通貨ペアのポジションでリスクヘッジが可能なケースが多々あります。

9/14(日)の記事で、私はクロス円のポジションを持たず、敢えてクロス円以外の通貨ペア(AUD/USDのロング)を「短期決済目標で」持ちました。

理由はふたつ、
・一つ目は、「リーマン救済関係のニュースが、仮にまとまらなかったら?15日の発表でネガティブな内容だったら?」⇒クロス円の暴落がおきる、のは目に見えていたからです。
・二つ目は、私的にはAUD/USDの通貨ペアが一番やりやすいからです(笑) 。特に今回の場合は、です。
(勿論、やりやすい理由やタイミングはありますが、それは次回の記事にでも書こうと覆います)

欧州時間に向けて、クロス円通貨(特にドル円)は軟調な展開を強いられる可能性が高いです。

NY時間開始までは様子見がいいかも、ですね。



★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!

★【速報】クロス円は窓を下に空けて始まるか?★

■今のところ、ドル円106円台、ユーロ円151円台。.

現在、この記事を書いているのが15日早朝の3:50位ですが、クロス円に関しては先週終値よりかなり下に窓を開けて始まりそうです。
(このブログの上に設置しているSAXOのレートバナーをご参考に)

現在、ドル円が106.25辺り。(先週終値:107.95より170PIPS↓) 
ユーロ円は151.50辺り。(先週終値:153.35より185PIPS↓
豪ドル円は87.40辺り。(先週終値:88.73より133PIPS↓
といった具合に、クロス円に限ってはかなり下に窓を開けて始まりそうな感じです。

実際に取引できるのは7時からの方が大半だと思いますが、それまでに多少戻すのか、更に下げているのかは現状不透明です。今は値が飛ぶ時間帯なので、あっさり戻しているかも知れません。
少なくとも、連続の「上に窓空け」の可能性はかなり低くなってきたのは間違いないでしょう。


★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!

★AUD/USD(豪ドル/米ドル)の短期見通し★

■管理人みかんの短期見通し(AUD/USD)

AUD/USD 1時間足チャート(9/13 AM6:00迄)分
AUD_USD(豪ドル・米ドル)1時間足
(画像クリックで拡大します)

AUD/USD(豪ドル・ドル)は先週金曜日は多少上に戻し、0.8225辺りでNY時間を引けました。
クロス円の通貨ペアも軒並み、上に戻してNY時間を終了しています。

上に戻した一番大きな理由は「リーマン救済・買収への思惑買い」があります。

明日15日、アジア時間開始前にリーマン救済策の詳細が発表されるとの事ですが、リーマン救済の件が発表されれば短期的には市場のリスク許容度があがり、高金利通貨の買い、ドル売り、円売りが入る可能性があります。

しかし、翌日16日は米ゴールドマン・サックスの決算発表も控えていますので、一方向に動いても短時間で終わるでしょう。(特に上方向には)

AUD/USD(豪ドル・ドル)は、1時間足では8/28以来の200時間移動平均線(チャートでは)上抜けを示現しています。
ですが、これを4時間足で見直してみると、ちょうど抵抗となる雲の下限で先週は引けていることがわかります。
(AUD/USD 4時間足チャート)
AUD_USD(豪ドル・米ドル)4時間足
(画像クリックで拡大します)

これでも、金曜日はかなり上に戻したほうだと思っています(むしろ想像以上でした)
4時間足で雲を上に抜ければ面白い展開になりそうなのですが、16日にはRBA議事録の発表もあるのでそれは難しいかも知れません。

雲がせり下がってきているので、上抜けのチャンスは来週何度かあると思います。

私の個人的なポジションですが、先週金曜日に0.8025辺りでAUD/USDの豪ドル買いのポジションを取りましたが、半分は金曜日最終に決済、半分は持ち越しています。

明日は連続の上抜け(窓明け)になるでしょうか?注目です!
(個人的にはAUD/USDもクロス円も下げて始まるのではないか、と思っています)



★応援宜しくお願いします♪
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。こちらも是非!

★FXはちょっとひと休みして・・・★

東洋軒
(ワンタンメン)

■地元では有名なラーメン屋へ。

今日は、少しFXの事から離れて、ラーメンを食べに行ってきました

写真は「ワンタンメン」。ちょっと自宅から離れているのですが(車で30分ほど)、時間が空いた時は食べに行っています。

地元では結構有名なラーメン店です。

私は実は福岡なのですが、写真を見て頂いても判るように「バリバリの」とんこつラーメンです。 コッテリ派にはたまりませんね。
(が、写真ではかなり油っこそうな感じですが、食べてみるとそうでもないのです。)

よく勘違いしますが、写真の中央の赤いものは紅しょうがではなく、たけのこです。
これがまたおいしい!ラーメンに良く合います。

いつ行ってもお客さんが多いので、座れないで待っていることもしばしばです。
私が行くタイミングが悪いのかも知れませんが;

中には、写真をみて「あ!アソコのラーメン屋じゃ?」と思う(ご近所の)方もいるかもですね。
(ネットのレビューでも良く見かけるので、特に店名を出しても構わないかと思いますが、今回は一応伏せておきます)

最近忙しかったせいもあり1ヶ月ほどご無沙汰していましたが、いやぁ~、やはりおいしいですね。私が生きているうちはずっと営業していて欲しいと思います(笑)


★今回のブログ記事はFXの事ではありませんでしたが・・・
ラーメンの写真をみて「お腹すいた(;;)」と感じた方は、応援宜しくお願いします♪

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

にほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへにも参加中です。


★相互リンクサイト様の募集★

■相互リンクを頂けるサイト様を随時募集しています。

コメント欄より、時折「相互リンク」の希望を頂いております。
ですが、「更新頻度が少なすぎる、サイトのジャンルがH系、etc・・」等でお断りするケースが多いです

もし「相互リンクしてもいいよ」という方がいらっしゃいましたら、(下記2点にご注意)お気軽にご連絡下さい

・サイト/ブログのジャンルは特に問いません。
(FX関連のブログでなくでも歓迎します。※H系や裏情報系はNGです。
・サイト/ブログの記事更新を最低、週2回以上更新されていること。


コメント欄、もしくは左下の「メールフォーム」よりお気軽に!!
・御サイトのURL(リンク希望URL)
・御サイト名
等をお知らせ下さい。
ご訪問させて頂き、後ほどご連絡差し上げます。

宜しくお願いいたしますm(__)m

★米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)がリーマン買収検討?★

ロイターニュースの記事によると、米銀大手のバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が、リーマン・ブラザーズの買収を検討しているとの事です。
100%鵜呑みには出来ないですが、複数の市況ニュースで「バンカメ」の名前が出て来ています。

週明け発表の噂を前にして、リーマン買収報道関係のニュースがいつ飛び込んでくるか判りません。

「リーマン買収」関係の報道が週末から週初にかけての注目になっていることは間違いないでしょう。

出来れば、ポジションは(よほど現在の値と離れていない限りは)週明けへの持ち越したくないものです。


人気ブログランキングに参加している他のFXブログも参考になります
   人気ブログランキング

★豪ドルの超短期狙い★

携帯からの更新ですので、レイアウト的に見にくいかも知れませんがご容赦下さいm(__)m

米小売売上高などの指標が概ね予想より悪かった影響で、若干米ドルが諸通貨に対し売られています。

昼頃に、超短期決済のつもりで「豪ドル/米ドル」の豪ドル買いを0.8020で行いました。

リーマン買収絡みの報道も実際、いつ出てくるかわかりませんので、今日中には決済するつもりです。
(15日のアジア市場前とはアナウンスされてますが、、)

中長期の米ドル高の見通しは変わりません。
しかし、超短期であれば今日のようにドル売りで利幅がとれるチャンスが必ずあります。

短期狙いの場合は欲をださずに「こまめな利益確定」を前提に取引して、大きなチャンスがやってきた時の為の蓄えとしたいところです。

★週末のリーマン買収発表の思惑★

早ければ週開け15日に米リーマンブラザーズ買収関連の発表があるとの噂で、市場は取引を手控え気味です。
午後の欧州やニューヨーク時間にむけて、週明けリスク回避の為に取引が少なくなるのか、それとも金融株や米ドルの先行思惑買いが入るか注目したいです。

★クロス円買い加速、リスク回避が更に進む。円高は長期化する見通し?★

■円高が加速中。円全面高でクロス円が安値更新中。

今、この記事を書いている時点(9/11 23:00)でも円は全面高、諸通貨に対して高値を更新中です。
米金融機関の弱気な見通しが悪材料となっているようです。

昨晩、米リーマン・ブラザーズが前倒しで、予想値よりも悪い四半期決算を発表しました。
影響は短期的なものと考えていますが、どうしても相場は「行き過ぎる」場面があるのでポジション管理とリスク管理には注意したいところです。

米ドル相場は、円に対しては他のクロス円通貨が大幅に弱含んでいる事もあり足を引っ張られている状態ですが、「ユーロ、ポンド、スイス、カナダ、オセアニア諸通貨etc・・」に対しては連日同様に強含みです。


■円買いが続く可能性は高い?
こうして軒並みクロス円が下げてしまうと「どこまで円高が進むんだろう・・・;」と不安になります。特に高金利通貨(豪ドル、NZドル、ポンド)の買いポジションを持っていると寝るのも怖くなってきます。

ごく当たり前の事なのですが、相場は一方向に動き続けるものではないので「騰がりすぎたものは極端に下げる、下がりすぎたものも同様に極端に騰げる」といった時期(チャンス)が必ず来ます。
(ここ1,2ヶ月の原油の暴落、米ドルの諸通貨に対する巻き返しがいい例です)

そういった時の為に今は無理をせずにチャンスを待つ、というのも戦略の一つかと思います。
・・・と、言うのは簡単なのですが、実際、なかなか難しいとは思いますけど(笑)

ただ、必ずチャンス(ポジショニングの時期)はやってくるので、そういった時に「何も出来ない(資金が無い)といった状態だけは避けたいです。結構、そういう場面ってあると思うのです。

つまるところ、中・長期的に見て円買いが長く続く可能性はやはりどう考えても低いのではないかと思います。



人気ブログランキングに登録しています。皆さんのおかげで着実ですm(__)m
↓変わらぬご声援を宜しくお願いします。
人気ブログランキング

41種類もの通貨ペアでFX取引が可能!トレイダーズ証券

★(訂正)トレイダーズFXの業務休止について★

先の記事で誤り・追記不足がありましたので、訂正致します。
先日、「トレイダーズFX」が業務休止を発表しましたが、当ブログにて過去記事やバナーにて紹介させて頂いております「トレイダーズ証券のFX」とは別会社となりますので、取り急ぎ念のためお知らせ致します。

事業の休止に関するお知らせ(トレイダーズFX株式会社)

トレイダーズFX株式会社の事業休止について(トレイダーズ証券株式会社ホームページ)
トレイダーズFX株式会社の事業休止について2(トレイダーズ証券株式会社ホームページ)

訂正前の先の記事は削除致しました。
重ねてお詫び申し上げます。

★米リーマン・ブラザースが予想を下回る決算発表。第3四半期業績はドルにどんな影響を及ぼすか?★

■米リーマンブラザーズの第3四半期決算発表
今夜のNY時間取引開始前の20時30分、米リーマンブラザーズの第3四半期損失は39億ドル、1株あたりの損失は5.92ドルと、市場予想の3.45ドルを大幅に下回りました。

更に、年間配当を1株当たり68セントから5セントに引き下げて、資産運用部門の過半数を株式売却等する方針を発表しました。

発表後、数十分間の間にドル円は90銭近く下げて107.50台から106.60台へと、今日現在(9/10 23:55)の最安値まで下がりましたが、現時点では発表前の水準の107.40-60台で推移しています。
まさに「いってこい」の展開です。
短期的な利幅を取るなら、絶好のチャンスでした。こういうチャンスで少しずつでも確実に利益を重ねていくことも大事かと思います。


■米リーマンブラザーズの方針は米ドルの相場にどのように影響するか?
資産運用部門の過半数を株式売却などの戦略構想を市場は好感しているようです。
決算発表もひとまずこなしたことで、アク抜けの意味もあるのでしょう。30億ドル規模の売却益を見込んでいるとの情報もあります。
様々なポジティブ思考が要因となり、米リーマンブラザーズの株価は買戻しが入っているようです。
今までもそうでしたが、米ドルへの悪影響はそんなには長くは続かないことでしょう。

米ドル以前に、現在はユーロやポンドの落ち込みが連日目立っているせいもあり、米ドル自体への悪影響は尚更限定的かと思います。

注意したいのはクロス円取引です。ユーロ円、ポンド円といった欧州通貨のクロス円通貨ペアが連日弱いために、ドル円も少なからず影響を受けてしまいます。
かの有名な、為替王様のブログの今日の記事でも、クロス円に関しては下値攻めへの警笛を鳴らしていらっしゃいます。
いわゆる、ドル円に限っては「シーソーゲーム」になりやすい、ということです。

私個人の短期的戦略としては、クロス円においては、「騰がったところは短期で確実に利益確定する」方針で臨みたいと思います。ポジション数、資金などに余裕があれば3分の2は決済し、残りはホールドで様子見もありです。

GBP/USD(ポンド・ドル)やUSD/CHF(ドル・スイス)、USD/CAD(ドル・カナダ)、そしてEUR/USD(ユーロ・ドル)といった「米ドル主体の」通貨ペアが連日堅調です。
GBP/USD(ポンド・ドル)等は現在、約2年半ぶり(2006年4月以来)の安値です。
クロス円の通貨ペア(特にドル円)の方向性が判りにくい時は、クロス円以外の通貨ペアで取引するのも、また戦略の一つかと思います。



人気ブログランキングへの応援、ありがとうございます
今日も応援宜しくお願い致します。
人気ブログランキング


41種類もの通貨ペアでFX取引が楽しめます!クロス円のほかでもFX取引を楽しみたい方は是非。
→トレイダーズ証券



★にほんブログ村 為替ブログ
にほんブログ村 為替ブログへ

★軒並み、上に窓をあけてスタートした月曜日★

今日は早朝からかなり値動きがあった月曜日でした。

早朝、ドル円を始めとしたクロス円通貨ペアや、AUD/USD(豪ドル/米ドル)、EUR/USD(ユーロ/ドル)、GBP/USD(ポンド/ドル)など、クロスドルの通貨ペアでも軒並み上に窓を開けて始まりました。

特にクロス円に関してはかなり大きく窓を開けて始まりました。結構、久しぶりなのではないでしょうか。

もっとも、この記事を書いている時点(9/8 22:05)では、EUR/USD、GBP/USDなどの欧州地域のクロスドル通貨ペアは、朝の窓明け上昇分をチャラ、もしくはマイナスの領域で推移しています。

9/5の記事でも書きましたが、米ドルに関しては中期的に見た場合、諸通貨に対して上値を伸ばす可能性が高い、と個人的には感じます。
特にユーロとポンドは、今朝のように対ドルで上に窓を開けたとしても短期的なもので、上昇を維持し続けるのは困難なのではないでしょうか。

それにしても、日中に大きく動いた月曜日でした。NY時間はこれからですが、日中かなり上下に動いている様子ですので、今日は一服感があるように思えます。

さて、私みかんの個人的な取引報告ですが、9/5の記事短期ホールドのつもりで持ったAUD/JPY(豪ドル円)とAUD/USD(豪ドル/ドル)の買いポジションは、それぞれポジション数の3分の2は決済、残り3分の1は維持したままです。
9/5のそれぞれの安値まではホールドしてみるつもりです。

皆さんの今日の取引がいいものとなりますように♪♪


★人気Blogランキングに参加しています!応援ワンショット宜しくお願いします
人気ブログランキング

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★口座開設がまだの方にお勧めです。市況情報コンテンツが充実!【外為どっとコム】

外為どっとコム


口座開設がまだの方に、是非お勧めしたいFX業者さんのひとつが外為どっとコムです。
私も愛用していますが、特に目を見張るのは市況情報・ニュースなどのマーケット情報、ツールが非常に充実しています。

外為どっとコム
FX取引の情報源は外為どっとコムだけで充分な位です。
私がFX取引に興味を持って、初めて開設したFX業者さんがココ外為どっとコムさんでした♪
もうかれこれ数年のお付き合いです。

マーケット情報をもっと知りたい!という方には最適なFX業者さんのひとつだと思います。
私も実際に取引するときは、外為どっとコムさんの情報をすごく重宝しています。

入金不要でも情報コンテンツは利用できるので、口座開設がまだの方には是非お勧めしたい業者さんです。

2年連続業界ナンバー1の「外為どっとコム」へ。

雇用統計の結果は予想より悪かったですが・・・・

こんばんは、管理人のみかんです。

米国雇用統計、発表されましたね。

予想値よりも悪かったですが、おおかた折込済みだったような感じもあります。

おそらく、「ひとやまこなした」的な感じで、米ドルは少しずつですが、上に戻すのではないかと思います。

他に発表された指標(米・8月失業率)も予想値よりも悪かったですが、米ドルは戻しています。

MORE »

米ドルが徐々に弱くなっています。

こんばんは、「クロス円のほかにも、モッと楽しむ!FX為替証拠金取引のブログ」管理人のみかんです。

今日もたくさんのFXブログがある中、「クロス円のほかにも、モッと楽しむ!FX為替証拠金取引のブログ」をご覧下さって、ひらに感謝ですm(__)m

さて、明日は注目の米雇用統計が日本時間21時30分に発表されます。

MORE »

豪ドルロングは薄利撤退で正解でした♪

昨日の夜中に少し買ってみていた、AUD/USD(豪ドル/米ドル)の買いポジションは0.8680で薄利撤退しました。

やはり、戻りは鈍いの一言。それでも20PIPSは利益がでたので、良かったです185

今日は日中更に下げて、今のところの日中安値は0.8231辺り。60PIPS程戻して、現値は0.8285-95辺りでウロウロしています。

薄利撤退でも決済しておいて良かった、と改めて感じました。やはり、薄利でも「利確は最強」です。

豪ドル円も、もはや90円台から80円台への定着が見えてきたように感じます。

MORE »

AUD/USD(豪ドル/米ドル)はまだ下げる?

こんばんは!管理人のみかんです185

9/2の14~18時台に、AUD(豪ドル)がかなり下げました
直近ではここまでの下落は久しぶりかと。

豪ドル円は9/2の14時をスタートに、18時台に2円50銭ほど下落。(92.3089.81)

私の好きな通貨ペアのひとつでもあるAUD/USD(豪ドル/米ドル)も米ドルに対して、
同じく14時を皮切りに18時台まで0.85250.8336と250ポイント下げています。
現状、この記事を書いている時点(9/3 0:20)では両通貨ペアとも100ポイントほど戻しています。

MORE »

USD/CHF(ドル/スイス)がそろそろ売り時?

今日は全面円高モード153184です。ポンド円にいたってはこの記事を書いている時点で、前日比4円近く下げています。
今に始まったことではないですが、やはりポンド円の下落スピードは凄い203です。
2ちゃんねる風に言うと「下り最速~」ってやつですね(笑)

こんな時(円全面高)に、クロス円以外でのポジションを持っておくとあまり焦らないで済みます。
リスクヘッジにもなりますしね。

さて、週初です。どの通貨ペアでせめてみようかな・・・・??


「人気ブログランキング」に登録しています。
みなさんの応援が頑張りのタネになっていますので
応援(ここポチ)宜しくお願いします
185185

MORE »

 | HOME | 


★このブログについて★ (1)
★FX取引★ (45)
★口座開設したいFX会社★ (1)
★相互リンク募集★ (1)
★ひとやすみ★ (1)
★今夜の狙い目★ (3)


みかん

Author:みかん
★管理者:みかん
★好きな通貨ペア:AUD/USD、USD/CHF、EUR/AUDなどなど。クロス円以外での取引が半分以上です。
★トレードスタイル:基本的に短期。スキャルは殆どしません。
人気ブログランキングに登録中です。応援お願いします!
人気ブログランキング



検索結果は別ウィンドウで表示されます
カスタム検索

応援1日1SHOTお願いします♪
人気ブログランキング TREview にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ



QR

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。